お問い合わせオンライン相談も

資料請求


資料


mail


電話

太陽光発電O&Mの株式会社ジオリゾーム

全国対応

06-6381-4000

次世代型O&M解析

従来のO&Mの発電量解析と、次世代型O&Mの解析の違いは?

人
日頃から、太陽光発電の遠隔監視は見てるし、年1回の報告でも特に大きな発電量低下はなかったように思いますが?

従来のグラフ

そら

上のグラフは従来のO&Mでの太陽光発電量監視のグラフ(月別発電量)です。
これだと発電が悪くても天気の悪い日が続いたからなのか、他の要因があったのか、発電所が健康なのかが分かりません。

次のグラフは、従来のO&Mの太陽光発電所全体の月次発電量と日射量の推移です。
発電量と日射量は同じ動きをしていることが分かります。
なんとなく減っていっているような気もしますが、はっきりこれでは分かりません

従来のグラフ

そら
次のグラフは、太陽光発電量と日射量の移動平均を【次世代型O&M お元気メンテ】の専用ソフトで解析したものです。

次世代O&M【お元氣メンテ】の解析

気象条件を含め月々の変動要素を捨象します。

この太陽光発電所ではある時点を境に発電量が3年で約18%も下落しています。

そら
次のグラフは、パワーコンディショナ間の発電量比較の推移を【次世代型O&M お元気メンテ】の専用ソフトで解析したものです。

次世代O&Mパワーコンディショナー間の発電量比較

基準PCS(パワーコンディショナ)との相対比較です。

特に赤矢印のPCSの発電量の下落が見て取れます。
下落が始まった時期と場所について発電量低下原因へのアプローチが必要と分かります。

従来のO&M報告書と、次世代型O&Mの発電所検診の違い

人
毎年かかさず草刈りも頼んでたし、点検報告書ももらっていたのに・・・
従来の太陽光発電施設O&Mの報告書(総括)

1.ストリング抵抗値測定で14ストリングに不良
2.7つのストリングで絶縁不良の可能性あり
3.接地抵抗は問題なし
4.架台・基礎にサビが発生した箇所が複数あり
5.パネル上に複数ホットスポットあり
6.いくつかのPFD管に損傷が見られる
7.接続箱でパテが劣化しひび割れが見られる
8.パネルに汚れが溜まっている

上記は、発電量解析の直前の年次点検での総括です。
一般的なO&Mで実施されている電気的点検および目視点検です。

そら
記載内容からはいくつかの不具合が指摘されていますが、大きな発電阻害要因としては「8.パネルの汚れ」のみ。パネル汚れに関しても単に記載しただけに留まり、どれだけの影響があるのか?、など詳細には触れていません。

3年目以降発生していたPCS(パワーコンディショナー)の不調に関しては、点検では対処できない内容のため触れていないようです。

上の報告書が、これまでの「見るだけ」の太陽光O&Mです。
年次点検報告書でパネルの汚れに触れているものの発電量下落の事実を把握できないので、単に記載しただけで終わっています。

ポイント

実際の障害対応において発電量回復の為には、【PCSの修理】と【パネル洗浄】が必要でした。
予め発電量を解析し、その結果により発電阻害要因を考察した上で点検することができる【次世代型O&Mお元気メンテ】は、最大の効果を生むメンテナンスです。

次世代型O&M解析(基準PCSとの相対比較)

発電量解析(移動平均)で下落を把握し是正。大幅アップに!
お元気メンテは無駄な点検をせず、効果を最大化します

そら

低圧発電所のことなら何でもご相談ください。

太陽光発電施設メンテナンスの無料相談キャンペーン実施してます!

こんなお困りごとはございませんか?

  • 今の会社が本当に発電所のメンテナンスしてくれるか分からない。
  • 販売店が倒産して施設のメンテナンスが出来ていない。
  • 発電量の低下の原因が分からない
  • ひも付きのO&M費用が高い・・・。
  • 発電所の点検報告書の内容が分かりにくい。
お問い合わせバナー
お問い合わせ 資料請求

スタッフ写真

全国対応06-6381-4000

※お電話は、月曜~金曜8:30-17:00
※全国(北海道/沖縄を除く)対応。